top of page

インパクトあるプレゼンテーションを作るには・・

更新日:5月16日


 




インパクトあるプレゼンって何故必要・・





やっぱりお客様にはプロジェクトや商品をよく覚えていて欲しい、知ってほしいという願いはモノづくりや商品を世に出すときに多くの方が感じるところだと思います。




世の中には様々な販売促進や訴求の手法があるかと思いますが、効果的なプレゼンテーションや記憶に残りやすい強いインパクトのあるプレゼンテーションなどはお客様にとっても、企業にとってもとても重要になってきています。








どんな場面でインパクトあるプレゼンが必要なのか・・





プロジェクトの発表会やイベントなど、お客様やクライアント様へのプロジェクトのご説明に視覚的なインパクトが重要な場面があったりするかと思います。





そのような中で、アニメーションのほうが静止画よりも効果的な場合があります。







以下に、いくつかその理由を挙げてみましたのでみてみましょう。





  1. ダイナミックな表現 アニメーションは、動きや変化を伴うため、静止画よりもダイナミックな表現が可能です。視聴者の関心を引きつけるために、情報を魅力的な方法で提示することができます。

  2. ストーリーテリング アニメーションは、ストーリーを伝えるのに非常に効果的です。プロジェクトの背景や目標を説明する際に、アニメーションを使用することで、視聴者が情報をより鮮明に理解しやすくなります。

  3. 視覚的な記憶に残りやすい 動きや変化があることで、視覚的な記憶に残りやすくなります。視聴者はアニメーションを見て、プロジェクトやアイデアについて長く記憶する可能性が高まります。


ただし、アニメーションを使用する際には、適切なバランスが重要です。





過度なアニメーションや動きがありすぎると、視聴者が情報を受け取るのに混乱を招く可能性があります。





また、目的やターゲットオーディエンスに合わせてアニメーションを適切に設計することも重要です。






インパクトあるプレゼンテーションが必要なプロジェクトの発表会やイベントでは、




アニメーションが静止画よりも視覚的なインパクトを与えることができ、参加者の関心を引きつけるのに役立つ場合があります。




しかし、効果的な伝達のためには、用途に応じてアニメーションの設計と使用方法に注意を払う必要があります。










イメージや写真等の静止画は必要??





静止画は、


視聴者に情報をゆっくりと吸収する機会を与えるため、落ち着いて内容を見ることができます。




パワーポイントなどのプレゼンシートにおける静止画は、一定の時間で画像が固定されており、視聴者が自分のペースで情報を処理することができます。




この静止画の特性は、情報の詳細な観察や理解に役立ちます。





オフィスのエントランス




静止画を使用することで、視聴者は情報を瞬時に理解する必要がなく、自分のペースで情報を吟味することができます。





これにより、静止画は落ち着いて内容を見ることができると言えます。




特に複雑な情報や詳細なデザインを伝える場合には、静止画が非常に有用です。




視聴者は静止画を見ながら自分の時間をかけて情報を理解し、必要に応じて再度見直すことができます。





そのため、静止画はプレゼンテーションや情報伝達において、落ち着いて内容を理解するための有効な手段として利用されます。




フラクタルオーガニゼーション提案





しかしながら、クライアントやお客様への空間表現においてウォークスルーアニメーションを使用することは、よりリアルな体験を提供し、視聴者により深い理解をもたらす可能性があります。








  1. リアルな体験 ウォークスルーアニメーションは、静止画よりもリアルな空間への歩行体験を提供します。視聴者は、実際に空間を歩いているような感覚を得ることができます。 これにより、空間の規模や配置をよりよく理解することができます。

  2. 全体の把握 アニメーションを使用することで、視聴者は空間全体をくまなく見ることができます。静止画では特定の視点に制限されている場合がありますが、ウォークスルーアニメーションでは自由に移動することができます。 これにより、視聴者は空間全体をより詳細に把握することができます。

  3. インパクトの向上 ウォークスルーアニメーションは、視覚的なインパクトを高めることができます。動きがあることで、視聴者の興味を引きやすくなります。 また、視聴者が空間を歩いているような感覚を得ることで、より鮮明な印象を残すことができます。






ただし、



ウォークスルーアニメーションを作成するには時間と労力がかかることがあります。





また、適切な速度や視点の設定が重要です。過度な速さや乱雑な動きは、視聴者に混乱を与える可能性があります。





したがって、



ウォークスルーアニメーションを使用する際は、慎重に計画し、目的に応じたストーリーの組み立てから適切に実行することが重要です。










インパクトあるプレゼンテーションを作るには・・






プレゼンテーションにおいてアニメーションと静止画の比較は、そのコンテキストや目的によって異なります。




一般的に、適切に使用される場合、アニメーションは静止画よりも視覚的なインパクトを与えることができます。以下に、それぞれの利点と考慮すべき点を示します。




アニメーションの利点


  1. 動きの強調 アニメーションは、特定の要素やコンセプトを強調するために使用できます。これにより、視聴者の注意を引きやすくなります。

  2. ストーリーテリング アニメーションは、情報やアイデアをより明確に伝えるのに役立ちます。例えば、プロセスの流れを示したり、コンセプトの進化を表現したりすることができます。

  3. 視覚的な興味 アニメーションは静止画よりも視覚的な興味を引きやすく、視聴者の関与を高めることができます。




静止画の利点


  1. シンプルさと直感性 静止画はシンプルであり、視聴者に情報をすばやく理解させることができます。複雑なアニメーションよりも直感的です。

  2. 読みやすさ 静止画は、情報を読む時間が短く、集中して読み取ることができる場合があります。アニメーションが速すぎると、視聴者が情報を見逃す可能性があります。

  3. 柔軟性とコスト 静止画は、作成や編集が比較的簡単であり、アニメーションよりもコストが低い場合があります。





オフィスのリラックスルーム



最後に・・







プレゼンテーションで使用するアニメーションか静止画かは、


伝えたい情報や視聴者のニーズによって異なります。情報を強調したり、


視覚的な興味を引きつけたりする必要がある場合は、アニメーションが有効です。


しかし、情報がシンプルであり、視聴者が直感的に理解できる場合は、


静止画の方が適しているかもしれません。



アーキテクチュラルソリューションズでは


内装・外装デザインから3Dを用いたプレゼンテーション支援等


させて頂いております。



何かございましたらお気軽にご相談頂けますと幸いでございます。





Comments


Commenting has been turned off.

3Dのご相談

内装・外装デザインから3Dパース・アニメーション等のご相談までプレゼンテーション・広告等でお悩みがございましたらアーキテクチュラルソリューションズにご相談ください。

bottom of page