top of page

失敗しない為の図面と3Dによる効果的なコミュニケーションのポイント

更新日:5月16日


 

15坪のカフェレストランの3Dフロアマップ




失敗しない為の図面と3Dによる効果的なコミュニケーションのポイント






たとえば飲食店からアパレルといった店舗内装や豪華なホテルやレストラン、おしゃれなサロン、美容院・スパやクリニック等を開業やリニューアルといったときに、空間デザインや内装プランニングにおいて、図面と3Dはデザイナーやクライアントにとって重要な役割を果たします。







この記事では、両者のメリットとデメリットを比較しながら、最適なデザインコミュニケーションの手段を検討してみます。










プロジェクト図面




図面は施工業者や大工さん、電気屋さんなどの専門家にとっては、一般的に理解しやすく、作業を遂行するための重要な情報源です。






図面には寸法や仕様、配置などの詳細が記載されており、作業の指針として活用されます。


特に、建築現場では図面が必要不可欠であり、工程や設置箇所などを把握する上で欠かせないツールです。






1. 図面のメリットとデメリット




メリット


  • 技術者向けの理解度が高い 図面は施工業者や専門家にとっては理解しやすく、作業の指針として役立ちます。

  • 簡潔で明確 寸法や仕様が明確に記載されており、情報の伝達に効果的です。 デメリット

  • 一般の理解度が低い 一般のクライアントや一般の方にとっては、図面だけでは空間の理解が難しい場合があります。

  • リアルな視覚的表現が不足 図面では空間の視覚的な表現が限られており、実際の雰囲気やデザインのイメージが伝わりにくい場合があります。








図面は専門家同士のコミュニケーションにも使用されます。






建築家やデザイナーが作成した図面は、施工業者や専門家との打ち合わせや説明に活用され、プロジェクトの進行や品質管理に役立ちます。






また、図面を基にした見積もりや工程計画の策定も行われます。




そのため、図面は施工業者や専門家にとっては重要なリソースであり、作業を円滑に進めるための基盤となります。





マンションのエントランス部のイラスト調3Dフロア

 






図面は2次元の表現であり、一定の技術的な知識や想像力が必要です。







一方、3Dフロアプランは立体的な空間をリアルに再現し、お客様や関係者がより直感的に理解することができます。








3Dフロアプランのメリット



  • リアルな空間体験 3DCGを使用すると、リアルな空間を再現し、クライアントや一般の方により直感的に理解してもらえます。

  • 視覚的効果の表現 光や影、色彩、質感などの視覚的な効果をリアルに表現でき、空間の魅力を伝えることができます。

  • ミュニケーションツールとして デザイナーとクライアントの間でのコミュニケーションは、プロジェクトの成功に不可欠です。 図面では誤解やミスコミュニケーションのリスクが高まりますが、3Dフロアプランはより明確なイメージを提供し、円滑なコミュニケーションを促進します。








クライアントの満足度は、プロジェクトの成功に直結します。







3Dはクライアントのニーズや要望により的確に確認・適合し、プロジェクトの最終成果にポジティブな影響を与えます。






お客様とのコミュニケーションやデザインの理解度を高めるためには、3Dフロアプランや3Dパースなどの視覚的なツールを併用することが重要です。






それによって、専門家との間での円滑なコミュニケーションと、お客様の満足度の向上を両立させることができます。









最後に・・






図面と3Dはそれぞれメリットとデメリットを持ちますが、クライアントや一般の方にとっては3Dパースや3Dフロアプランの方が理解しやすく、空間の魅力をより具体的に伝えることができます。




しかし、技術的な情報を必要とする専門家向けには図面が依然として重要です。



デザインプロセスにおいては、両方の手法を組み合わせて、失敗しない為の図面と3Dによる効果的なコミュニケーションとデザインの表現を追求することが大切です。

Comments


Commenting has been turned off.

3Dのご相談

内装・外装デザインから3Dパース・アニメーション等のご相談までプレゼンテーション・広告等でお悩みがございましたらアーキテクチュラルソリューションズにご相談ください。

bottom of page