top of page

失敗?成功?外観づくり?!

更新日:5月28日


 


曲線を描いた中型施設の外観パース


建築物の外観は、その建物が持つ個性や魅力を表す重要な要素の一つです。



外観デザインは建築家やデザイナーが慎重に考え抜く必要があります。


そのためには、様々な検討事項が存在します。


以下に、建築の外観デザインにおける重要な検討事項について探ってみましょう。



  1. 機能性と美観のバランス 建物の外観は美しいだけでなく、機能的でもなければなりません。 例えば、窓の配置や大きさは室内の採光や通風に影響を与えます。 そのため、外観デザインは機能性と美観のバランスを取る必要があります。

  2. 周囲環境との調和 建築物は周囲の環境と調和しなければなりません。 地域の文化や景観、周囲の建物との関係性を考慮し、建物の外観をデザインすることが重要です。 その地域の風土や伝統に合ったデザインを採用することで、建物が自然に馴染み、地域の一部として認識されます。

  3. 材料の選択 外観デザインに使用する材料は、建物の外観だけでなく、耐久性や保守性にも影響を与えます。 材料の選択はデザインだけでなく、将来の維持管理や修復の観点からも検討される必要があります。 また、材料の持つ特性や風合いを考慮して、建物のイメージに合ったものを選択することが重要です。

  4. スケールとプロポーション 建物の外観はそのスケールやプロポーションによって、周囲の景観にデザインの影響を与えます。 建物が周囲の環境に溶け込みすぎたり、突出しすぎたりしないように、適切なスケールとプロポーションを考慮することが重要です。

  5. 持続可能性への配慮 近年、建築デザインにおいて持続可能性が重視されています。 外観デザインにおいても、エネルギー効率や環境への配慮が重要な要素となります。 例えば、太陽光パネルの組み込みやグリーンウォールの設置など、建物の外観に持続可能性を取り入れることが求められます。



これらの検討事項は、建築の外観デザインにおいて重要な要素であり、


建築家やデザイナーが慎重に考慮しなければなりません。


機能性、美観性、環境への配慮など、多岐にわたる要素を


バランス良く組み合わせることで、


魅力的で持続可能な建物の外観を実現することができます。


こちらの記事「失敗?成功?外観づくり?!」では


どのような方法で後悔しないための外観づくりのお話をしたいと思います。



三次曲面の中型施設の外観パース


失敗しない為の外観デザインの検討


建築デザインにおいて、外観は建物の顔とも言える重要な要素です。


外観が魅力的であり、機能的かつ環境に調和したデザインを実現するためには、


検討と工程が必要です。


このブログでは、外観検討から外観パースの作成までのプロセスについて解説します。



外観検討のプロセス



  1. プロジェクトの目的と要件の明確化 建築プロジェクトの目的や要件を理解し、外観デザインに反映させることが重要です。 クライアントのニーズや建物の用途、周囲環境などを考慮し、外観に求められる機能や特性を明確にします。

  2. スケッチと概念設計 外観デザインの初期段階では、概念設計を行います。 アイデアをスケッチし、異なるアプローチやコンセプトを検討します。 建物の形状や質感、色彩などを練りながら、外観の方向性を探ります。

  3. デザインの詳細化と討議 概念設計を元に、外観デザインを詳細化していきます。 素材や色彩、窓やドアの配置など、具体的な要素を決定します。 デザインチームや関係者との討議を通じて、外観に関する意見を集約し、調整を行います。

  4. 3Dモデリングと視覚化 外観デザインが固まったら、3Dモデリングソフトウェアを使用して建物の外観を立体的に表現します。 この段階では、建物の各角度から外観を視覚化し、必要に応じて修正や微調整を加えます。




外観パース作成のプロセス



  1. 視点の選択 外観パースでは、建物を見る視点を決定します。 通常、主要なエントランスや重要な角度からの視点が選択されます。 建物の特徴や魅力を最大限に引き出す視点を選択します。

  2. パースの構築 選択した視点に基づいて、パースを構築します。 建物の形状、周囲の環境、人物の配置などを加味しながら、パースのスケールやプロポーションを調整します。

  3. 色彩と質感の追加 パースに色彩や質感を追加し、建物の外観をリアルに表現します。 建物に使用される素材や色彩を忠実に再現し、外観デザインの魅力を引き出します。

  4. ディテールの追加と仕上げ 最後に、パースにディテールを追加し、外観デザインの特徴や個性を強調します。 植栽や照明、周辺の景観など、細部までこだわり抜いた仕上げを行います。



CLTを使った中型施設の外観パース


失敗?成功?外観づくり?!


建築の外観デザインは、機能性や美観性、


環境への配慮など様々な要素を考慮しながら検討されます。


失敗しない為の外観デザインの検討の為に外観パースの作成は、


そのデザインをリアルに視覚化し、クライアントや関係者とのコミュニケーションを


円滑にする重要な工程です。


慎重な検討とプロセスを経て、魅力的で機能的な建物の外観を実現することが


目指されます。

Comments


Commenting has been turned off.

3Dのご相談

内装・外装デザインから3Dパース・アニメーション等のご相談までプレゼンテーション・広告等でお悩みがございましたらアーキテクチュラルソリューションズにご相談ください。

bottom of page