top of page

内装デザインや不動産で成約率が上がってクレームになりにくい方法知りたい?

更新日:5月16日


 


皆さん、こんにちは!




今回は不動産や建築業界における販売戦略について考えてみたいと思います。





特に、内装デザインや不動産で成約率が上がってクレームになりにくい方法に焦点を当ててみましょう。





プロダクトデザインの上部


内装デザインや不動産で成約率が上がってクレームになりにくい方法





2次元図面の限界と問題点





伝統的な2次元図面は、間取りや設計の基本情報を提供する上で重要ですが、その限界もあります。


一般の顧客にとっては、平面図や立面図だけでは空間の理解が難しく、具体的なイメージが湧きにくいという問題があります。これが、成約に結びつかない原因のひとつです。



また、実際に物件や建物を見学した際に、期待とのギャップが生じることでクレームが発生するリスクもあります。






プロダクトデザインの3Dヴィジュアライズ



3Dパースのメリットと成果





ここで登場するのが、3Dパースです。







3Dパースは2次元図面の情報をもとに立体的なイメージを提供し、顧客によりリアルな視覚体験を提供します。





これにより、以下のメリットが得られます。




バリ島の高級ホテルの内観パース





1. 視覚的な理解の向上


3Dパースを利用することで、お客様は物件や建物の空間構成をより具体的に理解することができます。


部屋の配置や大きさ、家具の配置などがリアルに再現されるため、よりリアルなイメージを持つことができます。





2. 期待とのギャップの解消


物件や建物を実際に見学する前に、3Dパースを活用することで、お客様のイメージしている期待と計画案のギャップを解消することができます。


これにより、成約後のクレームや不満のリスクを低減することができます。





3. 印象の向上と成約率の向上


立体的なイメージを提供することで、お客様の印象が向上し、成約率を上げることができます。


よりリアルなイメージを持つことができるため、物件や建物に対する興味や関心が高まります。






さいごに・・







2次元図面では伝えきれない空間の魅力や特徴を、3Dパースを活用することで効果的に伝えることができます。




お客様の理解を深め、成約率を上げるだけでなく、クレームや不満を未然に防ぐことも可能です。





是非、3Dパースを活用して、販売戦略の一翼を担ってみてください!

Comments


Commenting has been turned off.

3Dのご相談

内装・外装デザインから3Dパース・アニメーション等のご相談までプレゼンテーション・広告等でお悩みがございましたらアーキテクチュラルソリューションズにご相談ください。

bottom of page