top of page

成約率UP?DOWN?3D活用資料術

更新日:5月28日



 

近年、ビジネス界では情報の視覚化がますます重要視されています。


特に、プレゼンテーションや提案資料では、


伝えたい内容を視覚的に分かりやすく伝えることが成功のカギとなります。




数字や資料等の情報と共に一瞬で理解できる視覚化されたイメージは


ユニクロエアリズム地下3Dサンプル

クライアント様へインパクトのあるプレゼンが可能となります。


海外地域のグラフの視覚化

そこで、注目を集めているのが3Dパースを活用したプレゼン資料です。



成約率UP?DOWN?3D活用資料術について本記事では、


3Dパースを使ってプレゼン資料を作成する際のポイントと、


その効果について探っていきます。



 


【3Dパースとは】


まず、3Dパースとは、建築やデザインなどで使用される手法の一つで、


建物や空間を立体的に表現するものです。


従来の2D図面では伝えきれない立体感や視覚的なリアリティを持たせることができます。



大空間のフリーアドレス型オフィス


 


【成約率アップの理由】


なぜ3Dパースを使ったプレゼン資料が成約率をアップさせるのでしょうか。


それには以下のような理由があります。



  • 視覚的なインパクト:3Dパースは従来の2D図面よりもリアルなイメージを提供するため、クライアントやパートナーに強い印象を与えます。

  • 立体感の理解:建物やプロダクトの立体感がリアルに表現されるため、受け手がより具体的に理解しやすくなります。

  • 複雑な構造の可視化:複雑な構造やデザインも、3Dパースを使うことでわかりやすく示すことができます。



稼働式パイプ椅子デザイン


 

3Dパースを活用したプレゼン資料で成約率をアップさせる方法


【ポイントとコツ】



3Dパースを活用したプレゼン資料を作成する際のポイントはどうすればよいでしょうか。



  • ターゲットに合わせた表現:受け手が求める情報や視覚的な表現を考慮し、 適切な3Dパースを作成します。

  • リアリティの追求:できるだけリアルなイメージを作り出すことで、受け手の想像力を刺激します。

  • シンプルさを保つ:情報の過剰な提供は逆効果になります。必要最低限の情報をシンプルにまとめることが重要です。



パソコンデスク



 


【成功事例】



実際に、3Dパースを使ったプレゼン資料が成果を上げた事例があります。


  • 建物や住宅のプランを3Dパースで表現することで、顧客がイメージしやすくなり、契約率が向上につながる



  • 新製品のデザインや機能を3Dパースで示すことで、クライアントや投資家の理解を深め、プロジェクトの推進力になる。


  • メタバース等のバーチャルオフィスによる業務効率の改善


  • イベント発表用の3Dアニメーションによる公開イベントの実施によりクライアントに訴求を促せる


  • 施設内の3Dフロアマップによって分かりやすい誘導を実現





成約率UP?DOWN?3D活用資料術


3Dパースを活用したプレゼン資料は、成約率をアップさせる強力なツールとなり得ます。


リアルな立体表現が受け手の理解を深め、情報の伝達効果を高めることができます。


しかし、その効果を最大限に引き出すためには、


適切な表現とシンプルなまとめが欠かせません。


是非、3Dパースを活用して、プレゼンテーションのクオリティを向上させ、


成果を出してみるのはいかがでしょうか。


アーキテクチュラルソリューションズでは


お客様のプレゼンテーション支援からアニメーションまで幅広く


対応させて頂いております。


何かお困り事がございましたらお気軽に御相談ください。

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.

3Dのご相談

内装・外装デザインから3Dパース・アニメーション等のご相談までプレゼンテーション・広告等でお悩みがございましたらアーキテクチュラルソリューションズにご相談ください。

bottom of page