top of page

3Dを使った飲食店への4つの効率化

更新日:5月14日


 

飲食店を計画される時に、どれくらいの席や商品スペースを用意して


どのような内装デザインにしようかとお打合せをされるかと思います。


通常であれば2次元の図面でレイアウトをご検討され着工することもしばしば・・・



でも工事開始までに内装壁紙や材質・床材を確認しコンセプトからずれてないか


確認することで効率化ができそうだったらどうしますか?




3Dを使う事での視覚化の重要性


3Dを使った飲食店への4つの効率化を活用したデザイン検討を用いることで、


内装やメニューの制作、マーケティングなどによりお客様への訴求につながる、


顧客体験の向上や効率化が期待されます。


内装デザインの内観パース



検討段階での空間へのリアリティの向上や


マーケティングの強化及びプロジェクトの効率的なプロセスや


新たな視点等のヒントを得られたりと事業に貢献をもたらすと考えられます。




3Dを使った飲食店への4つの効率化




1. 内装デザインの最適化







3Dによるデザイン検討は、飲食店舗の内装デザインにおいて大きな役割を果たします。





従来の平面図や静止画では伝わりにくい空間の立体感や雰囲気を、





3Dモデルを通じてリアルに再現することが可能です。



これにより、オーナーやデザイナーの方は実際の工事が行われる前に、


仮想空間で内装を試すことができ、


理想的なインテリア・レイアウトやデザインを緻密に検討することができます。



アイリッシュなインテリアデザイン


また、顧客にとっても、リアルな3Dビジュアルを通じて、


先んじて工事前な工事中に3Dを用いた内観パース等を使って


告知しておくことで


店舗の雰囲気や特長を把握しやすくなり、来店の動機付けにもつながりやすくなります。





2. 店内案内用のマップ表現



3Dマップは、



視覚的な案内による店内のレイアウトや配置をリアルな立体的な形で示すことができます。







これにより、顧客は迷うことなく目的地へと案内されます。


従来の平面図や静止画よりも、


より直感的で目を惹くわかりやすい案内を提供することが可能です。





また臨場感の向上が利点に挙げられます。



立体的な表示・店舗内の空間や家具配置、雰囲気などをより生き生きと表現し、



顧客が店内をよりリアルに想像できるようにします。



そして特定の場所への誘導用に活用する事もできます。



アイリッシュパブの内装デザイン


3. イベントやプロモーションの訴求力向上





3Dデザインを活用することで、


飲食店舗のイベントやプロモーションの訴求力を向上させることができます。







例えば、



特別なイベントやキャンペーンのポスターを3Dデザインで制作することで、


目を引くデザインや効果的な表現を実現し、


SNSなどでのシェアや拡散を促進することができます。





また、仮想的なイベントスペースやデコレーションを3Dモデルで表現することで、


来場者に事前にイベントの雰囲気を伝えることができ、


来場者の期待感を高めることができます。




バーのファサード


4. 顧客体験の向上と効率化




最後に、3Dデザインを用いた飲食店舗の内装や企画の検討は、


顧客体験の向上と効率化に貢献します。







リアルな3Dビジュアルを提供することで、


顧客は店舗の雰囲気やメニュー内容をより鮮明に把握し、


より満足度の高い食体験を享受することができます。





また、内装デザインやメニューの制作プロセスが効率化されることで、オーナーや従業員の負担が軽減され、より効率的な経営が実現されるでしょう。





最後に・・





3Dデザインを飲食店舗の事業に取り入れることで、内装デザインの最適化、


メニューの魅力的な表現、イベントやプロモーションの訴求力向上、


そして顧客体験の向上と効率化が実現されます。






これにより、競争激化する飲食業界において、


顧客の獲得と維持がより容易になり、事業の成長と持続可能性が高まるでしょう。




Comments


Commenting has been turned off.

3Dのご相談

内装・外装デザインから3Dパース・アニメーション等のご相談までプレゼンテーション・広告等でお悩みがございましたらアーキテクチュラルソリューションズにご相談ください。

bottom of page