top of page

店舗内装デザインにおける3Dパースの利用法:成功の鍵を握る5つのポイント

更新日:5月16日



 



店舗内装デザインにおいて、3Dパースは非常に有用なツールとなっています。


ポイントを踏まえた店舗内装デザインは、顧客に快適なショッピング体験を提供し、


ブランドの魅力を最大限に引き出すことができます。



魅力を最大限に生むために、打合せにおいても3Dパースを活用し、


店舗やオフィスの空間理解を深める必要があります。


図面や言葉だけではなく、3Dイメージを活用することで、


プロジェクトの成功への道筋を描くために、以下の5つのポイントに留意することが


重要です。



 


雰囲気の良い美容室の内装デザイン



 

1.魅力的な店舗を開業する前に目的を明確にするには・・



店舗・オフィスの内装デザインを検討する際には、まず目的を明確にすることが重要です。


例えば、ブランドのイメージを強化する、顧客の滞在時間を延ばす、


商品の陳列効果を高めるなど、目的に応じてデザインの方針が変わってきます。


目的が明確であれば、デザインにおける重要な要素をより適切に決定することができます。




目的というコンセプトをリアルな3Dによってプレビューを提供する




店舗内装デザインをリアルな視覚的なプレビューとして提供します。


また顧客にリアルな空間体験を提供します。


店舗やオフィスの内装デザインを立体的に表示することで、


訪れる人々がその空間を想像しやすくなります。


美しいインテリアや魅力的なレイアウトは、顧客の心を引き付けることでしょう。



これにより、デザイナーやクライアントは実際の建設や


リフォーム作業を開始する前に、デザインの外観や空間の配置を


より具体的に確認することができます。


リアルなプレビューは、デザインの誤解や不満を最小限に抑え、


満足度を高めるのに役立ちます。




青い宝石のあるシャンデリア空間


 

2.顧客のニーズを理解し反映するには・・


成功する店舗内装デザインは、顧客のニーズを正確に把握し、それに応えることができるデザインです。


顧客の年齢層や性別、ライフスタイルなどを考慮し、彼らが求める快適さや利便性を提供するデザインを目指しましょう。


→ ニーズを反映し効果的なコミュニケーションツールとして活用する




3Dパースは、デザインに関するアイデアや概念をクライアントや


チームメンバーの方々に効果的に伝えるための優れた


コミュニケーションツールとしても活用できます。


言葉や図面だけでは伝わりにくいデザインの要素や構想を、


3Dパースを使用することでより明確に伝えることができます。


これにより、コミュニケーションのミスや誤解を減らし、


プロジェクトの進行をスムーズにしニーズを反映したデザインの確認を行えます。






白い壁のカフェ併設のゴルフバー




 

3.ブランドのアイデンティティを反映するには・・


店舗内装デザインは、ブランドのアイデンティティを明確に反映する必要があります。


色彩、素材、レイアウトなどの要素を使って、ブランドの特徴や


価値観を訴求しましょう。


顧客が店舗を訪れたときに、ブランドの世界観を感じ取れるような


デザインが求められます。


→ 柔軟性と修正容易性を提供する




ブランドのアイデンティティを明確に表現することができます。


色彩、素材、デザイン要素を組み合わせて、ブランドの雰囲気や


価値観を鮮明に伝えましょう。顧客が店舗に足を運んだ時に、


ブランドの世界観に没頭できるように検討することが可能です。



また3Dによる検討によってデザインの柔軟性と修正容易性が向上します。


デザインが完成した後でも、必要に応じて色や素材、


レイアウトなどを変更し、新しいアイデアや要求に迅速に対応することができます。


これにより、クライアントや利用者の方々のフィードバックを反映させながら、


最適なブランドデザインを実現することが可能です。




海外ブランドのスニーカー高級ブティック


 

4.使いやすさと効率性を追求する



店舗内装デザインは、使いやすさと効率性を追求することも大切です。


顧客が商品を探しやすく、スムーズに移動できるようなレイアウトやデザインを考えましょう。


また、スタッフの作業効率を考慮したデザインも重要です。




→ 費用対効果を最大化する




3Dパースを使用して、店舗やオフィスの使いやすさと快適さを追求しましょう。


顧客が商品を探しやすく、滞在時間を楽しいものにするために、レイアウトや配置を工夫しましょう。


居心地の良い空間は、顧客のリピート率を高めることでしょう。



それによってデザインプロセス全体の効率性が向上し、費用対効果が最大化されます。


デザインの修正や変更が行えるため、目視による確認によって無駄な時間やコストを節約することができます。


また、リアルなプレビューにより、建設やリフォーム作業における問題や誤差を事前に発見し、修正することができます。


これにより、予算の範囲内でより品質の高いデザインを実現することができます。






効率性を確認する案内マップ


 

5.感性を刺激する要素を取り入れるには・・




最後に、成功する店舗内装デザインには、顧客の感性を刺激する要素を取り入れることが欠かせません。


例えば、照明やディスプレイ、装飾品などを工夫して、顧客の興味を引き、購買意欲を高める効果を狙いましょう。




→最新のテクノロジーとトレンドに対応する




最新のコンピューターグラフィックス技術やデザインのトレンドに


対応することができます。


リアルな光や影、質感を再現することで、より魅力的なデザインを


実現することができます。


また店舗やオフィスが提供する新しい体験を演出することも可能です。


VRやAR技術アニメーション等を活用して、顧客に没入感のある体験を


提供することで、ブランドの差別化を図りましょう。


新しい技術を取り入れることで、顧客に驚きと喜びを与えることができます。







最後に・・


店舗内装デザインにおける3Dパースの利用法:成功の鍵を握る5つのポイントをご紹介させて頂きました。


これから新たに開業をご検討されるオーナー様やデザイナー様が


日々ご検討されていらっしゃる内容かと思いますが少しでもお役に立てれば幸いでございます。



どこにコストをかけられるかで効率性が大きく変わるかと思いますので


ご検討いただければ嬉しい限りです。



 


アーキテクチュラルソリューションズでは


お客様のプレゼンテーション支援からアニメーションまで幅広く


対応させて頂いております。


何かお困り事がございましたらお気軽に御相談ください。


Comments


Commenting has been turned off.

3Dのご相談

内装・外装デザインから3Dパース・アニメーション等のご相談までプレゼンテーション・広告等でお悩みがございましたらアーキテクチュラルソリューションズにご相談ください。

bottom of page