top of page

高品質と標準品質の3Dパースの違い

更新日:5月16日


 

こんにちは。


様々な場所で3Dのイメージが多く使われている昨今


同じ3Dパースやイメージであってもレンダリング計算によって


光の具合や色味等簡易的なものから高級感溢れる表現まで


幅広く存在します。


そんな中でどういった内容があるのか一部にはなりますが


広告やクロージング等で使われる高品質と標準品質の


3Dパースの違いについてお話したいと思います。




 


本日のレンダリングは、


パストレーシングと標準イメージを例にお話を進めていきたいと思います。



和モダンなホテルの広告イメージ

上のホテルのイメージはパストレーシング(path tracing)と光学的にリアルな画像を


生成するためのレンダリング手法です。この手法では、


光線をシーン内を追跡し光の反射・屈折・吸収等をシュミレーションし画像を生成します。


パストレーシングはリアルな影、反射、屈折および間接照明を生成するのに


優れているのですが計算負荷が高く高度なコンピューターリソースが必要となります。



 



高品質と標準品質の3Dパースの違い



パストレーシングを使用して作られるイメージは主にマンションや不動産のイメージや


広告用のイメージを作成するのに非常に適しています。


マンションや不動産の広告に使用することにより、ポテンシャルな買い手や入居者に物件の


魅力を最大限に伝えることが可能ですので有効な手段の一つかと思います。




パストレーシングを使用することで、リアルな光の反射や影、


質感を再現することができます。


これにより、建物や部屋の内部や外観を非常にリアルに表現することが可能です。


また、パストレーシングを使用することで、


照明や景色の設定を自在に調整することができますので、


異なる季節や時間帯のシーンを表現することも容易です。


さらに、パストレーシングを使用することで、家具やインテリアの配置など、


細部にわたるデザインやレイアウトの変更を容易に行うことができます。


これにより、様々なオプションやバリエーションを提供することができ、


顧客のニーズや好みに合わせた個別のイメージを作成することができます。




借景のある和モダンなホテルの標準レンダリング

こちらの上部のイメージは色味を調整していないスタンダードなレンダリングの


ホテルのイメージです。材質の光沢感は出るのですが光や色見を調整しないと


薄いイメージになりやすかったりもします。




借景のある和モダンなホテルの高品質レンダリング

こちらの上部のイメージは先ほどのイメージの色味調整していない設定と同じもので


パストレーシングを使用した場合のイメージとなります。


照明や光の設定は同設定にはなりますが、こちらのイメージの方が色が濃く


光による奥行き感が増した豊かな表現になります。


また反射による表現もより鮮明になります。



 



パストレーシングのメリット


美しいイメージやリアルなシーンを魅せるのに非常に適しています。


特に静止画や静的なシーンのレンダリングにおいて、


パストレーシングは高品質な結果を提供し、


リアルな照明や質感を強調することができます。



パストレーシングを使用することで、


リアルな影、鏡面反射、屈折、間接照明などの要素を正確に再現できます。


これにより、鑑賞者に対してより没入感のある体験を提供することができます。



 


パストレーシングのデメリット


パストレーシングによるイメージ制作には計算負荷が非常に高いことが挙げられます。


イメージを制作するレンダリングをすることが可能かまたはレンダリングの所要時間が


コンピューターのスペックに依存します。


特に複雑なシーンや高解像度の画像を生成する場合、


多大な計算リソースが必要になります。


これは、標準のレンダリングや大規模なアニメーション制作には


適していないということを意味します。


また、パストレーシングは収束までに時間がかかることがあります。


特に、シーン内の光の多重散乱や屈折などの複雑な現象を正確に再現しようとすると、


多くのサンプリングが必要になり、


イメージに書き出すレンダリング時間が長時間になりやすくなります。





上部のアニメーションはパストレーサーと標準レンダリングによる


アニメーションの比較になります。


10秒という短いアニメーションにはなりますが、レンダリングにかかった時間は


約8時間でした。標準レンダイングの色味や光を調整して書き出すか


パストレーサーによるレンダリングにするかは用途とご依頼時のスタート地点によって


使うべきか予算・スケジュールによりご提案できるかが変わってきます。



 


最後に・・


「高品質と標準品質の3Dパースの違い」W最後まで読んで頂きありがとうございました。


レンダリングにも様々なものがあり用途等によりお使いになる事でより効果的な


使用が可能かと思います。



 

アーキテクチュラルソリューションズでは


お客様のプレゼンテーション支援からアニメーションまで幅広く


対応させて頂いております。


何かお困り事がございましたらお気軽に御相談ください。


この他3D等なにかお困り事等ございましたらお気軽に下記からご相談ください。



Comments


Commenting has been turned off.

3Dのご相談

内装・外装デザインから3Dパース・アニメーション等のご相談までプレゼンテーション・広告等でお悩みがございましたらアーキテクチュラルソリューションズにご相談ください。

bottom of page